こだわる人は知っておきたい湯呑誕生の経緯

古くからお茶に親しむ習慣があった日本では、湯呑が重宝されています。湯呑の歴史は中国に由来し、茶道の道具として伝わってきました。中国では食器と言えば陶器で、当時はお皿や花瓶なども入ってきていましたが、一番多く輸入されていたのが湯呑でした。今ではお茶の種類も増え、どんなお茶を飲むかで器を変えることも多くなっていますが、来客用に使われることが多いのが、汲み出しです。

汲み出しとは

こちらは器全体の高さが低めで、口が広くなっているものが多く、丸型のものや三角形のものもあります。この汲み出しは、以前は茶会などで白湯を出すのに使われていましたが、今では来客用として使われるようになりました。

湯呑の選び方

来客用にしても普段使いにしても、湯呑はどのように選ぶとよいでしょうか。まずは、器の形で選ぶことが基本です。先にも述べたように、来客用は口が広くなっているものが多いですが、普段使いのものは口が狭く、器の高さがあるものがほとんどです。また、飲むお茶の種類によって使い分けることもできます。

素材や形も

例えば、玉露のようにぬるめのお茶を少量飲む場合には口が広いものが適しており、ほうじ茶や玄米茶など比較的高温で入れることが多いお茶は口が狭く縦長の形のものが良いでしょう。また、器の素材も考慮できます。ティーカップと違い、日本茶を入れる器には取っ手がありません。取っ手がないため、お茶の熱さが器を通してじかに手に伝わるため、熱が伝わりやすいガラスなどの素材は不向きです。

陶器が湯呑に理想的な理由

それで、熱いお茶を入れる器には陶器が適しています。比較的熱が伝わりにくく、持ち続けても温かみが伝わり、特に寒い時にはお茶の時間が楽しみになるはずです。逆に熱が伝わりやすいガラス素材は、夏の冷茶や麦茶などに使用すると手にひんやりした感覚が伝わり、涼しさを演出できるメリットがあることでしょう。また、器の口をつける部分である「口縁」も選ぶうえでは大切な要素です。特に熱いお茶を好まれる方は、口縁が厚くなるほど口をつけたときの感覚がまろやかです。また、口縁が若干外側に反り返っていると、熱いお茶を入れても口縁の部分をつまんで持つことができるので便利です。器の美しさにこだわりたい人は、産地で選ぶこともおすすめです。実際、茶道の世界で名前が知られた茶器の産地のものを好んで使う人も多くいます。最近では、湯呑の歴史や由来を覆すような斬新なデザインや色合いのものも出ています。毎日使うものは伝統などにとらわれず、お茶を楽しく飲める器を選ぶのも良いでしょう。